男性女性

出会いがないなら結婚相談所に行ってみよう

つかず離れずが最適

男の人と女の人

頻度を考えよう

遠距離恋愛の人でも結婚を考えることはあります。結婚前提のお付き合いなら、距離が遠くてもしっかりと愛を育む必要があります。そのためには、メールという手段が欠かせません。もちろん、電話も可能ですが、電話は相手の都合を考える必要があります。また、切るタイミングを図ることも大切です。長距離電話は通信費もかなりかかることから、負担をかけないようにするためにもメールという通信手段が適しています。遠距離恋愛を上手に続けるためには、適度にメールのやりとりをすることが大切です。距離が離れているからこそ、毎日何度も送るというカップルもいます。しかし、仕事をしていたり、忙しかったりすると、その約束事がかえって負担に感じられてしまうことも少なくありません。負担を感じると心が離れてしまうことも多いため、頻度をしっかり考えましょう。例えば、一日に何度も送るのではなく、二日に一度くらいの間隔で送ると負担がかからずに済みます。また、文章も短文で簡潔にすることがポイントです。長文やネガティブな内容は相手にとって負担となってしまいやすいからです。このように、遠距離恋愛だからこそ、相手の負担をしっかり考えてやりとりができるようにしましょう。そうすれば、距離が離れていても長く付き合うことができます。また、メールはあくまでも連絡手段を考えることがポイントです。何度も気持ちを押し付けたり、質問をしたりすると、相手に負担がかかりやすいからです。遠距離恋愛でもメールや電話で愛を育み、結婚にたどり着ける人はたくさんいます。